外貨預金とは?分かりやすく解説

 

最近、やたらと耳にすることが多くなった外貨預金

 

投資のような難しいイメージだったのですが、周りでもちょこちょこ「外貨預金してるよ」と言う人が増えて、そんなに手軽に出来るのならやってみたいと思いました。

 

そもそも外貨預金っていうのは、自国の通貨、つまり日本なら円を外国の通貨に換えて、銀行に預金をするということ。

 

外国の通貨は、主に米ドルやユーロですが、他にも香港ドルやオーストラリアドル、ニュージーランドドルなどいろいろあります。

 

どれにするか、いくら分買うか、普通預金にするか定期預金にするかなど、自分で決めなくちゃいけないのは、他の金融商品と一緒ですね。

 

どうやって利益を得るのかというと、ひとつは海外の銀行の金利は日本の銀行よりも高いので、預けることで利息がもらえる。

 

もう一つは、為替レートの変動によって、上手いタイミングで換金すれば、その差益が利益になるんですね。

 

だから、株式投資のように、選んだ銘柄が大暴落してしまって、大損してしまうというようなリスクはありません。

 

それに、株式の場合だと、10万円ぐらい投資しても、優良企業の株は1株買えるか買えないかの世界。

 

つまり、潤沢な資金がないと、儲けることは難しいんですよね。

 

でも外貨預金なら、10万円あれば充分利益を得ることが出来るし、損するリスクも軽減出来るんです。

 

もちろん投資のようなものだから、確実に利益を得られるわけじゃないけど、リスクが少ないというのは始めやすいと思います。



FX投資による儲けは課税対象という事で確定申告が必要ですが、年間を総合的に見て利益を出せなかった場合にはする必要がありません。

とはいえ、FX投資を続けるなら、利益が出なかった場合とはいえ確定申告を行った方がいいです。

確定申告するならば、損失の繰越控除が有用なため、最長で3年間、損益を合計できます。

FXの世界には、さまざまなFXの会社が存在しています。

その中の最も知られている会社が、くりっく365なんです。

くりっく365の特徴となるポイントは、株と同じように、売ったり買ったりする毎に毎回20%の税金が取られてしまうということです。

もちろん、マイナスが出た場合は、税金を取られてしまうということはありません。

FXの際、短期による売買がほとんどです。

その中でも、小さな値動きにより利益を抜くデイトレードでの際、売買を一瞬の値動きで繰り返し行います。

儲けが小さい分、トレード回数により稼ぐのと、損をなるべく小さくするために、損切りを徹底しないと勝てません。

FX投資に挑戦してみる際に忘れないようにしておきたいのがFXチャートから読み取る技術です。

FXチャートとは、為替相場の動向をグラフにしたものです。

数値だけではイメージしにくいですが、グラフで表すとわかりやすくなります。

FXチャートをおろそかにすると利益をあげることは困難なので、見るのに慣れておいてください。

FX業者に売りや買いの注文をした場合、絶対に成立するものだと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、約定力が低いFX業者の場合、注文が殺到してしまうと、システムの耐久力を超えてしまい、約定が完了できなくなったり、システムがストップすることもあります。

損益の変動が大きいですから、FX業者が、どのくらいの約定力を持っているかはとても重要です。

FXが初めての人は知識も経験もないので、勝たないことが多いです。

外国為替証拠金取引初心者が負けないためには、損切りの点を設定するというのが重要です。

また、複数回していない取引ではなく、全体で勝っているか負けているかを頭で思い悩むようにしましょう。

9回のやりとりで勝ちが出ても1回のビッグな損失で負になることもあります。

外国為替証拠金取引のデモトレードをすることで、ぼんやりしていた取引方法を確かめることができます。

外国為替証拠金取引は、他の金融商品に比べて分かりやすいですが、実際にしてみないと理解できない部分もたくさんあるので、FXのデモトレードを行って、きちんとどのようなものなのか確認することを怠らないでください。

初めて、FXに投資する人は、やった方がいいのは確実です。

FX初心者は知識経験ともにないので、あまり勝てません。

FXを始めたばかりの人が負けないためには、損切りのポイントを設定しておくというのが重要です。

また、1度の取引だけではなく、トータルにおける損益を考えてください。

9回の取引で利益があっても1回の巨額な損失でマイナスにもなることがあるのです。

FXをやる上でスワップポイント目的にニュージーランドドル円や豪ドル円などの高金利通貨を持ち続けることもありますが、円高が保有後に進んでしまうと得られるスワップポイントより為替差損が増えてしまうことが起こります。

スワップポイント狙いでFX投資を行えば、利益がとっても出しやすいといわれてはいますが、損失が出ることもあるのです。

ここ数カ月で円安が急激に進み、その後も乱高下の繰り返しとなっている為替市場ではありますが、FXで利益を大きく出している人も多々いると思います。

大島優子がイメージキャラクターをつとめていることで注目度が向上している外為オンラインに新規口座を作りFXをやり始めたという人も多いみたいですね。

FXの口座を初めて開く場合、少々、面倒に思うこともあります。

必要な情報を入力するだけでしたらすぐ済ましてしまえるのですが、身分を証明するものを送らないといけません。

しかし、近頃ではオンラインで送付することができるようになり、運転免許証を携帯で撮影して、その画像を送信すればいいFX業者も中にはあるでしょう。

FXで大切なのは、経済指標というものです。

指標により、レートの乱高下が発生するといったことも珍しいことではありません。

もっとも有名な指標は、アメリカの雇用統計になります。

アメリカの雇用統計が強かったら円安ドル高になる傾向があり、弱いと、円高ドル安になります。

FXの口座を作るにあたって、絶対に、用意しなければならないものがあります。

それは、本人を確認することのできる書類です。

これ無しにはFX口座の開設は無理です。

多くの場合、使われているのは運転免許証、健康保険証、パスポートの3つです。

住民票の写しや印鑑登録証明書を提出するときは、基本的に郵便で送ることになるので、メール送信できる書類の方が、手間がかかりません。

FX取引においてスリッページとはトレーダーにとって不利な価格にすべって約定することを指します。

指値注文などの価格を指定する注文をせず、価格を指定しない成行注文の結果、失敗した場合に起こります。

相場の動きが激しい時に起こりやすくなりますが、約定力の高いFX業者に、取引をお願いすると起こりにくいです。

FXにおいては、様々な専門用語が存在します。

指値とか逆指値というような言葉は、FXに限らず、株でも用いたりします。

指値注文というのは成行注文と比べてみて、システマチックな取引ができるという利点がある反面、取引が成立し辛いという欠点もあります。

逆指値注文の方は上手く使うと、早めに損切りができてしまいます。

外貨両替の手数料で損しないために

旅行に行く前には必ず外貨両替をするという人もいらっしゃるでしょう。

出発前に現地のお金に交換しておけば旅行先についたら買い物がすぐできますよね。

一般的には銀行・郵便局などで交換する方がほとんどかと思いますが並ぶのが嫌・忙しい、といった人もいると思います。

そんな時に便利なのが宅配サービスです。

現金の宅配というと心配になる方もいらっしゃると思いますが多くの会社は信頼できるものであり、基本的には現金書留なので追跡番号も知らされるので安心・安全にお使いいただけます。

友人と一緒に海外へいくとき円を国外のお金に変えて準備万端にされる人も多いでしょう。

現地の通貨にあらかじめ交換しておけばいざという時に安心ですし、買い物もすぐに出来ますよね。

その時のお得な方法としては日々のレートを見比べることです。

レートというのは日々変動しますのでお勧めなのは、1ドルが大体80円もしくは90円台の時に変えることができればお得に旅行ができます。

しかし、手数料も取られますから注意しましょう。

日本で使われているお金は円ですがアメリカはドルが主流ですよね。

この事から、海外旅行へ行く計画を立てている時は日本円を外貨両替して準備万端にしておく人も多いでしょう。

交換するときはその日のレートをチェックし交換すると手元の現金が増える時にするのが良いやり方です。

クレジットカードで支払いをすれば良いのでは?と思われがちですが、観光地から外れた場所に行くと、現金のみといった店もまだあるのである程度通貨を持っていた方がいざという時に安心です。

外国へ旅行に行く時、前もって円を現地のお金に両替してから行くという方は多いと思います。

外国でも日本で作ったクレジットカードは使えますが現金オンリーといった店も中にはあるので交換を済ませておけば、そういった店舗でも気がねなく利用できます。

ですが、多額の現金を持ち歩くのが心配・・という人もいらっしゃると思います。

そんな場合には、今現在持っている銀行のキャッシュカード、クレジットカードを使い国際通貨をATMから引きだしてしまいましょう。

クレジットカードの場合ですと、キャッシングサービスさえ付帯でつけていればほとんど使えますが銀行系のキャッシュカードは申し込みが必要な場合があります。

海外旅行の計画がある時は前もって銀行などで外貨両替をしてから出発される人もいると思います。

事前に現地の通貨に交換しておくとついてすぐに買い物などが出来ますし安心出来ますよね。

ですが変える時は高い手数料を取られることがほとんどなので銀行だけに決めつけず、交換できる場所の料金を見比べてたりすると一層お得に現金交換することができます。

参考:外貨両替で手数料が一番オトクなのは?【銀行・JTB・空港・FX比較】

これは現地通貨から日本円に直すときも同じことが言えるので覚えておくとよりお得に旅行が楽しめます。

海外旅行に行く時に必ずといって良いほど必要なもの、それは現地の通貨ですよね。

繁華街などですと、クレジットカードも使える所は多いですが田舎の方ではクレジットカードはNG、現金のみ。

といった店舗も多くあります。

そんな時に前もって銀行などから外貨両替しておくと焦らなくて済みます。

そして、お得に海外へ行きたい時はドルのレートが1ドル100円以下の時を狙って日本円をドルに交換しておくとお得です。

外国へ旅行しに行くという事は、実に楽しいものであり一生の思い出作りも出来るものでもあります。

旅行準備として、円を旅行先の国で使われている通貨に両替される人もいると思いますがお札を外国で持ち歩くのは怖いものですよね。

では、少額のお金を外国の紙幣に交換して貰うにはどうすれば良いのでしょうか?取引方法としては選択肢はいくつもあります。

まずは手数料が取られて良いのであれば、銀行や両替所などがあります。

手数料を少しでも安くしたければFX口座の開設や現地のATMで現金を下ろす方法もあります。

やり方は人それぞれだと思うので、自分に合った方法を見つけてください。

お友達と一緒に海外へ行くことがあったら誰もが楽しみにするものですよね。

楽しむ為にはまず、準備をしなくてはいけませんが早めに準備しておきたいのが外貨両替です。

これは日本円を現地の通貨に直すことを言いますが銀行または郵便局などで受付可能です。

が、どこの支店でも取り扱っている訳ではなくたいていの場合、大きな店舗でないと難しいようです。

なので、交換を希望するのであれば可能かどうかホームページをチェックしてくと良いと思います。

外国へ旅行に行くときに円を現地で使われている通貨に変えるのが一般的ですよね。

これが外貨両替と言われる物です。

現金に変えるのはいつやっても同じ、といった事はなくレートを見てから決めましょう。

例を挙げると、1ドル120円だった時の場合現金を交換すると元の金額より交換した後の方が低くなります。

ですので、変える時はドル安の時を狙いましょう。

他にも、ドル安の時に海外へ行くとドルで買うものはすべてお得に買えます。

海外旅行前の準備として円を現地通貨へ交換する、そう思われている人もいると思います。

現地のお金に変える時は銀行などで交換する人もいると思いますがその時に必ず手数料が取られています。

1枚に対する物は大した金額ではないのですが、大量となると交換後のお金が少ない気がする・・と思う事も多々あります。

そんな場合には、FX口座があると便利です。

出国前に作っておくと手数料が低くなり、現金も多く残せます。