外貨預金とは?

 

最近、やたらと耳にすることが多くなった外貨預金

 

投資のような難しいイメージだったのですが、周りでもちょこちょこ「外貨預金してるよ」と言う人が増えて、そんなに手軽に出来るのならやってみたいと思いました。

 

そもそも外貨預金っていうのは、自国の通貨、つまり日本なら円を外国の通貨に換えて、銀行に預金をするということ。

 

外国の通貨は、主に米ドルやユーロですが、他にも香港ドルやオーストラリアドル、ニュージーランドドルなどいろいろあります。

 

どれにするか、いくら分買うか、普通預金にするか定期預金にするかなど、自分で決めなくちゃいけないのは、他の金融商品と一緒ですね。

 

どうやって利益を得るのかというと、ひとつは海外の銀行の金利は日本の銀行よりも高いので、預けることで利息がもらえる。

 

もう一つは、為替レートの変動によって、上手いタイミングで換金すれば、その差益が利益になるんですね。

 

だから、株式投資のように、選んだ銘柄が大暴落してしまって、大損してしまうというようなリスクはありません。

 

それに、株式の場合だと、10万円ぐらい投資しても、優良企業の株は1株買えるか買えないかの世界。

 

つまり、潤沢な資金がないと、儲けることは難しいんですよね。

 

でも外貨預金なら、10万円あれば充分利益を得ることが出来るし、損するリスクも軽減出来るんです。

 

もちろん投資のようなものだから、確実に利益を得られるわけじゃないけど、リスクが少ないというのは始めやすいと思います。



FX投資による儲けは課税対象という事で確定申告が必要ですが、年間を総合的に見て利益を出せなかった場合にはする必要がありません。

とはいえ、FX投資を続けるなら、利益が出なかった場合とはいえ確定申告を行った方がいいです。

確定申告するならば、損失の繰越控除が有用なため、最長で3年間、損益を合計できます。

FXの世界には、さまざまなFXの会社が存在しています。

その中の最も知られている会社が、くりっく365なんです。

くりっく365の特徴となるポイントは、株と同じように、売ったり買ったりする毎に毎回20%の税金が取られてしまうということです。

もちろん、マイナスが出た場合は、税金を取られてしまうということはありません。

FXの際、短期による売買がほとんどです。

その中でも、小さな値動きにより利益を抜くデイトレードでの際、売買を一瞬の値動きで繰り返し行います。

儲けが小さい分、トレード回数により稼ぐのと、損をなるべく小さくするために、損切りを徹底しないと勝てません。

FX投資に挑戦してみる際に忘れないようにしておきたいのがFXチャートから読み取る技術です。

FXチャートとは、為替相場の動向をグラフにしたものです。

数値だけではイメージしにくいですが、グラフで表すとわかりやすくなります。

FXチャートをおろそかにすると利益をあげることは困難なので、見るのに慣れておいてください。

FX業者に売りや買いの注文をした場合、絶対に成立するものだと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、約定力が低いFX業者の場合、注文が殺到してしまうと、システムの耐久力を超えてしまい、約定が完了できなくなったり、システムがストップすることもあります。

損益の変動が大きいですから、FX業者が、どのくらいの約定力を持っているかはとても重要です。

FXが初めての人は知識も経験もないので、勝たないことが多いです。

外国為替証拠金取引初心者が負けないためには、損切りの点を設定するというのが重要です。

また、複数回していない取引ではなく、全体で勝っているか負けているかを頭で思い悩むようにしましょう。

9回のやりとりで勝ちが出ても1回のビッグな損失で負になることもあります。

外国為替証拠金取引のデモトレードをすることで、ぼんやりしていた取引方法を確かめることができます。

外国為替証拠金取引は、他の金融商品に比べて分かりやすいですが、実際にしてみないと理解できない部分もたくさんあるので、FXのデモトレードを行って、きちんとどのようなものなのか確認することを怠らないでください。

初めて、FXに投資する人は、やった方がいいのは確実です。

FX初心者は知識経験ともにないので、あまり勝てません。

FXを始めたばかりの人が負けないためには、損切りのポイントを設定しておくというのが重要です。

また、1度の取引だけではなく、トータルにおける損益を考えてください。

9回の取引で利益があっても1回の巨額な損失でマイナスにもなることがあるのです。

FXをやる上でスワップポイント目的にニュージーランドドル円や豪ドル円などの高金利通貨を持ち続けることもありますが、円高が保有後に進んでしまうと得られるスワップポイントより為替差損が増えてしまうことが起こります。

スワップポイント狙いでFX投資を行えば、利益がとっても出しやすいといわれてはいますが、損失が出ることもあるのです。

ここ数カ月で円安が急激に進み、その後も乱高下の繰り返しとなっている為替市場ではありますが、FXで利益を大きく出している人も多々いると思います。

大島優子がイメージキャラクターをつとめていることで注目度が向上している外為オンラインに新規口座を作りFXをやり始めたという人も多いみたいですね。

FXの口座を初めて開く場合、少々、面倒に思うこともあります。

必要な情報を入力するだけでしたらすぐ済ましてしまえるのですが、身分を証明するものを送らないといけません。

しかし、近頃ではオンラインで送付することができるようになり、運転免許証を携帯で撮影して、その画像を送信すればいいFX業者も中にはあるでしょう。

FXで大切なのは、経済指標というものです。

指標により、レートの乱高下が発生するといったことも珍しいことではありません。

もっとも有名な指標は、アメリカの雇用統計になります。

アメリカの雇用統計が強かったら円安ドル高になる傾向があり、弱いと、円高ドル安になります。

FXの口座を作るにあたって、絶対に、用意しなければならないものがあります。

それは、本人を確認することのできる書類です。

これ無しにはFX口座の開設は無理です。

多くの場合、使われているのは運転免許証、健康保険証、パスポートの3つです。

住民票の写しや印鑑登録証明書を提出するときは、基本的に郵便で送ることになるので、メール送信できる書類の方が、手間がかかりません。

FX取引においてスリッページとはトレーダーにとって不利な価格にすべって約定することを指します。

指値注文などの価格を指定する注文をせず、価格を指定しない成行注文の結果、失敗した場合に起こります。

相場の動きが激しい時に起こりやすくなりますが、約定力の高いFX業者に、取引をお願いすると起こりにくいです。

FXにおいては、様々な専門用語が存在します。

指値とか逆指値というような言葉は、FXに限らず、株でも用いたりします。

指値注文というのは成行注文と比べてみて、システマチックな取引ができるという利点がある反面、取引が成立し辛いという欠点もあります。

逆指値注文の方は上手く使うと、早めに損切りができてしまいます。

関連サイト

ネット証券手数料比較!初心者おすすめランキング【口座開設】